一般法人 無人航空事務支援協会 UAV Business Assist Association

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus

『埋蔵文化財発掘調査』に関連する業務について

【概要】

文化財保護法のもと、全国で埋蔵文化財発掘調査が行われています。
発掘調査の報告書への資料として、ドローンによる撮影が活用されています。
昨今発達の著しいSfM方式の写真測量の技術も積極的に活用され、調査記録の一助となっております。

[caption id="attachment_114" align="alignright" width="200"] 飛行許可証[/caption]・計画
埋蔵文化財発掘調査で重要となる点は、『発掘された遺構』『周辺環境』です。
昨今の改正航空法に代表される、『ドローン飛行に関する許認可』について確認も重要です。

・実施と納品
『埋蔵文化財発掘調査におけるラジコンヘリコプターによる撮影』は、数十年前から行われている業務です。
UBAAには、数十年の経験を持つラジコンヘリコプターによる空撮会社が多数在籍しております。
その業務経験を活かし、的確な業務を遂行することができます。