一般法人 無人航空事務支援協会 UAV Business Assist Association

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus

DJI発!話題の小型機【Spark】とは

室内イベントにて飛行させるに適した機体はなにか?
その要望に応えられる、ぴったりな機体としてSparkを導入しました。
※重さは300gと航空法の規制を受けます。




特徴:
  • 一番の特徴と感じる点は『パームコントロール』です。これは、Spark前面にある『3D検知システム』により操縦者の『ジェスチャー』で操作が出来るというシステムです。
  • 実際に『ジェスチャー』を行ってみると、認識が甘くうまく動作しないこともありました。
    今後のアップデートに期待!
  • ・『クイックショット』という機能は、あらかじめ自動撮影方法がいくつか用意されていて、アプリで指示を指示をするだけで自動でいかにも空撮らしい映像を撮影してくれます。

長所:
  • 軽量で小型なこともあり、持ち運びが大変楽です。また、小型のDJI Mavic以上に威圧感が少ないため、室内での使用が手軽な印象です。
  • 『パームコントロール』『クイックショット』により、プロポが無い状態での飛行も可能なため、手軽な撮影ツールとして面白いと感じました。
  • 8/3にファームウェアアップデートがされ、新機能も追加されました。
    今後も思わぬ新しい機能が期待でき、楽しみな機体です。

短所:
  • 風に非常に弱い印象です。風速5m/Sほどでも風に流されるようなことがありました。
    比較的小型なMavicと比べても格段に耐風性能が落ちてしまっています。
  • センサーが前方向と下方向にしか搭載されていません。
    自動での撮影が多い分、全方向の障害物を認識して衝突を防ぐ機能がほしかったところ。